レーザー脂肪吸引術

実際の施術についてご説明します。

  • 点滴で15分程寝て頂きます。その間に、施術部の脂肪やセルライトに麻酔を行ないます。
    痛くありません。
  • 皮膚を小さく(5mmぐらい)切開します。
    ここから、直径1mmの細いレーザー照射棒を入れ、レーザーを照射します。
    脂肪細胞の膜に傷を付けます。当院では脂肪の浅部から深部まで照射します。
    1回でほぼ満足できる脂肪量を処理します。
    ただし、脂肪量が多い方は2~3回の施術が必要です。
  • わずか40分の照射で、脂肪が潰れて脂肪細胞からオイルが流出。
    同時にセルライトも潰します。
  • 流出したオイルはチューリップ法で吸引します。直後から効果を実感できます。
    チューリップ法は写真のように細い管でマイルドにオイルを取る方法です。
    一般的なの吸引法のようにポンプで強制的に取るのではありません。
    特殊な注射器で丁寧に吸引しますのでダメージが少ないです。
    ですから、痛みや腫れなどのダウンタイムは小さいです。

    *オイルを取り出す事が大変重要です。
     確実に取り出さないと痩身効果が半減します。
    *この考えはウルトラアクセント痩身法にもあてはまると思います。
     当院ではウルトラアクセントの後にテノールを2回施術してオイルの排泄を強力に促しています。
  • 施術部を軽く圧迫するだけです。トータルで約1時間です。
  • 1時間程、休憩して頂きます。術後経過を見るためです。
  • 最終診察後にお帰りいただきます。
  • 施術部の経過
    ・溶かされた脂肪細胞は1~4ヶ月の経過で、徐々に吸収されていきます。
    その過程は自然で周りの人も気づきません。
  • 施術後について
    ・入浴    当日は入浴できません。翌日からは可能です。
    ・運動    激しい運動は2週間控えて下さい。
    ・食事    特に制限はありません。
    ・飲酒    1週間は出来るだけ控えて下さい。
  • 検診
    ・翌日     ガーゼ交換をします。
    ・1週間後   抜糸
    ・2週間後   マッサージ指導
    ・1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、半年、1年と検診させて頂きます。 
    キズや施術部のアフターケアーが大事です。マッサージや遮光など色々あります。
  • 1年を経過してキズの色素沈着を認める時はレーザーで消します。

ページのトップへ

ご相談・お問合わせ